【買取金額30%UP】期間限定!

買い取り30%

失敗しないためのデジカメ買取!

中古のデジタルカメラは売れるのか?

デジタルカメラは、日本の電子技術の代表的な輸出入品目の一つで、以前は家電メーカーも積極的に事業に乗り出し、多くのメーカーが乱立し、一時は大型家電量販店の1フロアを埋め尽くすほど攻勢を誇っていました。

 

しかし、海外生産拠点を移してからの安い製品や、コピー商品など性能は変わらず、同じ様なデジタルカメラの登場、スマートフォンなどのモバイルデバイスと、SNSなど、インターネットとの連携が中心です。
それらの親和性で劣るデジタルカメラは、その後プリントアウトよりも、画像をネットに如何に容易にアップロードできるかに焦点が移ったので今現状は、それほど注目されるものでは無くなってしまいました。

 

では手持ちのカメラは売れないのか?といえば、実はそうでもありません。
オークションサイトでは、過去に販売された名機と呼ばれるリコーGRや、デジタルとして蘇ったオリンパスPENなどは、付属品がある程度付いているだけで高い値段で落札されています。
デジタルカメラの世界でも、キャノンEOSやニコンなど、プロフェッショナルユースのデジタル1眼は入札が非常に多いです。
従って新たに発売される新規のデジタルカメラは、店頭では売れませんが、中古市場では高額取引が期待できるんですね。
画素数も、今は非常に技術の限界に近づいているので、現状、新規で販売されるデジタルカメラは、もはや外観勝負のような様相を呈しています。
機能では、既に1年以上前に、充実してしまい、今は大きな改良が少ないんですね。
非常にレトロな、フィルムカメラの様相でなんとか注目を浴びようとしているメーカーが多いです。

 

新品販売では苦労が多く、中古市場では取引が盛んと言っていいのではないでしょうか?

体験者の声 - 目次

 

デジカメ買取の体験談

私はついこの間、これまで自分が使っていたデジカメを売却しました。以下はデジカメ買取りの体験談です。デジカメを売ったのには理由があります。それは懸賞で一眼レフのカメラが当選したからなんです。これまでずっと一眼レフのカメラが欲しいと思っていたのですが、薄給の私にはなかなか手が出ませんでした。ダメもとでその懸賞に応募したのですが、当選の通知が来たときには天にも昇る気持ちでしたよ。そこでこれまで使っていたデジカメを、買取りに出すことを決めたというわけです。もともと写真を取ることが好きだったので、デジカメは2個持っていました。この2個を同時に売却したところ、自分が思っていた以上の高値で買取ってもらうことができたのでこの結果には大満足していますよ。私が利用したのは、宅配の買い取りです。事前にその買い取り店に電話をして、自分のデジカメについてある程度が説明をしていました。カメラ本体はもとより、外箱や取扱い説明書等もすべて保管してあったのでその点も評価してもらうことができ、実際の売却ではその電話での査定よりも高い値段で買取ってもらうことができました。この方法をとることで、家から1歩も外に出ずに買取りが完了しましたよ。

 

 

デジカメ買取査定に出しました。

古くなったデジカメ買取の査定をリサイクルショップで行いました。まだまだ使えるんですけど、最近のデジカメはタッチパネルになっていて落書き機能がついていたり、画素数も多くなってきているので、新しいデジカメが欲しくなりました。そして、新しいデジカメを購入したら使用しなくなってしまう古いデジカメをリサイクルショップで買い取ってもらい、新しいデジカメを購入するための費用にしようと考えました。もともとデジカメにカバーをつけて持ち運んでいたし、落としたり等の傷もついていないことと、その他にデジカメを購入したときについていたカバーも新品で箱に入ったまま持っていたのでそこそこな値段にはなるかなと考えていました。もちろん、デジカメ自体の箱も袋に入れて保管していたのでキレイなままで、私は説明書を読まないタイプなので説明書もキレイなまま袋に入っています。デジカメ自体は使用していましたけど、古い機種ではあるけれど見た目も傷もないし、付属品もきちんと揃っている状態でリサイクルショップに出しましたが、びっくりするくらいの金額でした。全然、新しいデジカメを購入する費用にもなりませんでした。なのでそこでは売らずに母にあげました。母は前から欲しかったようで大喜びだったので母にあげて良かったと思いました。

 

 

デジカメ買取をお考えなら

最近はデジタルカメラも様々な種類のものがでてきました。持ち運びやすいコンパクトデジカメや、本格的な一眼レフ。ミラーレス一眼など、デジカメも選び放題ですが、いろいろありすぎて逆に困ってしまいますね。これからの時期、行楽シーズンが始まります。せっかくなら新しいデジカメを買って、家族や友達との思い出を綺麗に残していきたいですね。手元あるデジカメを売って、新しいカメラの足しにしましょう。デジカメ買取にチャレンジしてみませんか。買い取ってもらえるほどのデジカメじゃない、と思う方もいるかもしれません。ですが、最低限使用することができるデジカメであれば、十分買い取ってもらうことができますよ。買取方法として、一番簡単なのは中古販売のお店に持っていくことですね。最近ではカメラ専門的だけでなく、家電量販店のアウトレット店舗でも買取してもらえますから、いくらでもお店はありますね。むしろ迷ってしまうくらいです。インターネットで、近くの中古買取店を探してみましょう。このお店に買い取ってもらおう、というのが決まったらお手元のカメラの準備です。付属品や説明書など、タンスの奥底に眠っているようなものは全て持って行きましょう。そうすることで少額でも買取金額が上がるかもしれません。デジカメ買取に是非、チャレンジしてみましょう。

 

 

必要なくなったデジカメは、デジカメ買取してもらうのをオススメします。

次のデジカメが欲しくなったり、使えなくなってしまったデジカメは、デジカメ買取してもらうのをオススメします。買い取ってもらうからには、高価格で買い取りして欲しいものです。そこで、高価格で買い取りしてもらえるコツをご紹介します。まずは、最終的な値段交渉をこちらに有利に進めるために、色んなインターネット上の買取業者等で査定をすることです。手間はかかりますが、ここをしっかりしておくかおかないかで値段が全く違ってきます。そして、カメラの状態に気を使うことです。使い込んでしまって汚れているカメラだと、やはり値段は落ちてしまいます。出来る限りピカピカにし、保護フィルムを貼っておくことで、値段が上がります。ちょっとしたことを気を使えるかどうかは非常に大事です。保証書や箱等、そのカメラに関するものは出来る限り全て揃えておくことも高価格で買い取ってもらうために重要です。交渉は、最終的には人と人とのやりとりです。業者側も、親切な方にはそれだけ誠実に対応しようとします。笑顔で、感じよく対応することを心がけるのをオススメします。カメラ相場は、日々変わります。いつ変わるかはわかりませんので、買取を決めたら、すぐに業者に問い合わせをしましょう。

 

 

デジカメ買取のコツとは

少しでも高くデジカメ買取をしてもらうにはコツが必要です。一つは掃除をしてから売りに出すということです。デジカメを掃除をする際には、洗剤や薬品を使用するのは変色や変形の原因になるため厳禁です。汚れがひどい場合でも柔らかい布を水で濡らした後、固く絞り丁寧に拭くようにします。ただし、レンズは汚れていても拭かないようにします。理由は、レンズは傷がつきやすいので素人は触らない方が無難だからです。二つ目はデジカメを購入した時についてきた取扱説明書や付属品、入っていた箱などは全て揃えておくようにします。また、オプションで購入したものがあればそれも売りに出すと高値がつく場合があります。取扱説明書は特に紛失や破損があると減額になってしまいます。欠品が複数あるような場合はトータルで見ると大幅な減額になるので、付属品は全て集めておきたいところです。ですが、わざわざ欠品の部品を購入してまで用意することはありません。そのまま引かれた方が安くつきます。三つ目は売る時期です。売りたいと思った時が売り時ですが、次の新製品が出る前に売る方が高値がつきます。デジカメの場合は、入学シーズンや運動会シーズンに需要があるため、その時期に売ると高値がつきます。

 

 

中古のデジカメの売却について

新しいカメラを購入すために、これまで使っていたデジカメを売却するという人も珍しくありませんね。そういったデジカメ買取りに出すときには、高値で買い取りをしてもらうためのコツがあるんですよ。そのコツについて、記述をしますね。当然のことながら、その見た目はとても重要です。買取り店にデジカメを持って行く前にまずやるべことが、デジカメの掃除です。汚れやほこりが付着していないかをチェックしてから査定を受けることが、高価買取りのカギとなりますよ。ほんのひと手間でその価格がアップするので、お手入れは欠かせませんね。さらに付属品も揃えておくことが大切です。充電器やバッテリーは特にその査定額を大きく左右することになります。もしもこれらがない場合には、減額になってしまうので紛失に注意をしなければなりませんね。またこのデジカメが入っていた化粧箱もあるかないかでは査定額が異なります。つまり買った時と同じ状態であることが最も望ましく、高値での買い取りをしてもらえる可能性が高いということになります。デジカメは消耗品でもあることから、販売日から日数が経つとその分価格も下がっていきます。ですから売却をするときには、1日も早く査定を受けることが必要です。

 

 

高値で売りたいデジカメ買取り

使わなくなったカメラの処分に困っている・カメラを高く売りたい・愛着あるカメラだから確かな査定で売りたい方に利用して頂きたいのが一眼レフ・デジカメ買取り業者です。出張買取りをはじめ、郵送・宅配による買取りも行っていて、出張料金など、査定依頼をされるお客さま側の負担がなく、査定に関する料金を無料にて行ってくれます。カメラ専門のバイヤーが査定を行うので、嘘偽りない査定額を示してくれ、高価買取を約束してくれています。買取り対象のカメラの種類は、近年ニーズの高まりを見せているデジタルカメラ・いわゆるデジカメを主に取り扱っていて、デジタル一眼レフカメラや、その他カメラ用品なども買取りしてくれます。デジカメを高値で買取りしてもらうポイントとして、箱や説明書をはじめとするカメラの付属品も合わせて査定に出すことにより、プラス査定してもらうことができますし、汚れやほこりなどをキレイに拭いておくこともポイントの1つで、さらに限定・人気の高いデザイン・メーカーのデジカメを持っている場合には、さらに査定額に反映されやすい特徴があります。さらに数ある業者の中から優良業者を選ぶためのポイントが、リアルな市場価格情報を表示していること・カメラの価値を理解している査定スタッフがいることも業者を選ぶポイントで、価値のあるデジカメをしっかり見極めて高く買取ってくれます。

 

 

デジタルカメラ(デジカメ)買取おすすめ業者を探す!口コミ一覧

 

【デジカメ買い取り】デジカメ高価買取(下取り)のコツをズバリ聞く

【買取金額30%UP】期間限定!

買い取り30%