【買取金額30%UP】期間限定!

買い取り30%

一眼レフカメラの買い取りを体験した方の声で分かる高価買取のコツ

ミラーレス一眼カメラが人気なわけって何?


ミラーレスとは、1眼レフのペンタプリズムが省略され、その代わり取り外し可能のデジタルファインダーを装備したデジタルカメラのことです。
リコー、オリンパス、ニコンなど各社が競って販売したデジタルカメラのカテゴリになります。
形状は、通常のコンパクト・デジタルカメラと同じですが、ファインダーが独立し、通常の接写などに対応しているのと、1眼レフのような画面構成を体感できるのが特徴です。

そもそも、1眼レフとは、2眼カメラが戦前などからあり、画面を確認するファインダーと、フィルムに写すレンズが2つ必要で、しかも画角が上下で多少異なるため、近接しての撮影では思ったように撮影出来ない不便さから開発されたカメラです。
そのため、以前にもピントを正確合わせるためのレンジファインダー式カメラなどが、一般的にはコンパクトカメラとして既に普及しています。
しかし、操作が難しいこと、撮影画面に集中できない、接写が出来ないなどの理由で、カメラの軍艦部にペンタプリズムというレンズを組み込み、カメラレンズからの画像をシャッター前の鏡で反射させ、プリズムで屈折してファインダーに像として写す仕組みが一眼レフです。
レフとは、鏡を表しますので、カメラレンズを取り外した時に四角い鏡がついています。

今のデジタル一眼レフは、プロが画面構成を考えるのと、接写などに対応する必要で、持ち運べる大きさのカメラとして選んでいますが、一般的に普及したのは、こうした機能よりも「外観」の影響で、カッコイイからが最大の理由でしょう。
機能的には、コンパクトデジタルカメラでも同様のものが、たくさん販売されています。
ミラーレスとは、この鏡を取り去ったもので、必然的に軍艦部のペンタプリズムは必要無くなり、本体がより小さく、それでいて同等の画面構成、接写にも対応するため、人気が高いんですね。
ファインダーも収納、取り外しが効くため、通常のコンパクトデジカメとして使えます。
今後はプロ以外で、それほどデジタル一眼の需要は無くなると予想されますから、リセールとしての価値も上がっていくものと思われます。

一眼レフカメラ買取体験談 - 目次


【一眼レフ買取り体験談1(口コミ)】フィルム一眼レフの買取価格を上げる方法

今やエントリーレベルのフィルム一眼レフは捨て値で投げ売りされています。とても悲しい事ですが、それが現実です。では不要になった一眼レフをどう売却したらいいのでしょうか。実は複数のカメラと抱き合わせで売る方法があります。例えば最新のデジカメとフィルム一眼レフを抱き合わせで査買取査定に出すと、通常なら価格がつけれないと言われて買取拒否されたフィルム一眼レフまで買い取ってもらえる事があります。私も何度かその方法でジャンク一眼レフを売却しましたが、その時の相場はカメラ一台につき数百円です。実際フィルム一眼レフはエクストリームスポーツをする人が、カメラが壊れる恐れがある場所に持っていく等、意外にフィルム一眼レフの人気は根強いのですから、カメラ屋さんも抱き合わせならば買い取ってはくれるのです。


【一眼レフ買取り体験談2(口コミ)】旅行のためにカメラを購入しました

デジタル一眼レフカメラの購入を決意したのは、海外旅行がきっかけでした。それまでは、コンパクトデジタルカメラで旅行の写真などを撮っていましたが、せっかく海外にいくのだからというわけで、カメラの購入を考えました。しかし、一眼レフカメラの場合は、カメラ本体の他にレンズが必要となります。私の場合は、希望するレンズがあったので、とりあえず本体とレンズのセットになったものを購入し、セットになっていたレンズは買取を依頼し、希望するレンズの購入資金に充てました。状態が良かった事、未使用であったこともあって、買取価格は相場よりも高額となりました。 希望のレンズも手に入れることができ、今までのコンパクトデジタルカメラとは違った写真を楽しむことが出来ました。


【一眼レフ買取り体験談3(口コミ)】一眼レフの買取と相場価格

一眼レフを買おうと思い、買取価格を見てみると、だいたいレンズなしで6〜9万円。昔に比べたら、新品でも安くなったのが一眼レフだけけれど、古いものや重いものだと価格は安いけれど、新しいものだとまだ価格は高い値段のようである。相場は昔の重いものだと6万円ぐらいから、新しいものだと9万円ぐらいになるので、好きなレンズを別売りで購入するのであれば、レンズ自体はピンからキリまであるので楽しめるように選んで行ったら自分らしい一眼レフになる。買取するときはメーカーや、形、重さや軽さを重視していくと、どれを買取るか決めやすいので、後は、いろいろとどのぐらいが相場なのか確認する必要もあるだろう。新製品が出る頃は旧型が安くなるので、その価格もチェックして買取するとより愛着が沸く。


【一眼レフ買取り体験談4(口コミ)】我が家の一眼レフカメラ

我が家には以前から父親の趣味のひとつであるNIKON一眼レフのカメラがありました。その父親も私自身・兄弟が子どもの頃はビデオを回したりカメラで撮影と、イベントの度に行っていました。しかし今は皆成人を迎え、イベントごともなくなりました。あまり物に思い入れをしない父親なので、使わないから処分すると言ったのでそれならばと貰うことにしました。いくら古いとはいえ、一眼レフといえば高額なカメラのイメージしかない私は、まずインターネットで買取の価格相場をチェックしようと思い調べようとしたのですが、古すぎて調べきれませんでした。仕方なく、リサイクルショップの持ち込んでみたのですが、程度も悪くてガラクタ扱いだったので持ち帰り、飾っておくことにしました。


【一眼レフ買取り体験談5(口コミ)】初めての一眼レフを手放した話。

趣味が一つでも欲しかった自分は大学時代に一眼レフを買った。買った当初は無我夢中に撮り続けたが、大学を卒業して一切触らなくなった。先日引越し準備で部屋を片付けているときに見つけた時は懐かしく思えた。いろんな思い出が蘇ってきたが、状態も良かったので売ることにした。本やゲームソフトを売ることはあっても一眼レフを売ったことはない。どうやって売るのかも分からなかったのでネットで買取相場を検索してみた。意外にも自分の一眼レフは高価格で買取ってもらえることを知り、すぐに近くの中古ショップへ持っていった。ネットに掲載されている価格より少し安かったが、それでも臨時ボーナスのようで自分の心は満たされた。買取ってくれたショップで自分のカメラが並んでから、そのお店の近くを通る度に売れていないか確認するのが今ではちょっとした楽しみの一つである。


【一眼レフ買取り体験談6(口コミ)】デジタル一眼レフを買ってみたものの・・・

実際に写真を撮るかどうかはさておき、今や殆どの人のかばんやポケットに携帯電話やスマホのカメラが入っています。フィルムの一眼レフカメラを趣味で使っていた自分としては趣味人としての矜持から、フィルムの一眼レフからデジタルの一眼レフへと移行し愛用していました。画質にはこだわりのあるつもりでしたが、ある時使い始めたスマホのカメラが十分実用になることを知り、いつしか大きな一眼レフはあまり持ち歩かなくなりました。自分の興味は写真よりもカメラの機械にあることを知ったわけで、使わないデジタルの一眼レフは買取に出すことにしました。買取相場の価格は機種名で大まかにわかりますが、まだ十分な買取価格だったので手放すことにして趣味としてのフィルム式カメラのメンテの資金に当てることができました。


【一眼レフ買取り体験談7(口コミ)】一眼レフカメラの価格事情について

近年、一眼レフカメラを買う人が増えている。年齢層は老若男女様々。特に増えているのは、若い女性だ。俗に言う、カメラ女子だ。今まではコンパクトデジタルカメラ(コンデジ)が使いやすく持ち運びしやすいということから、人気が高かった。しかし、より質の高い、つまりクオリティーと本格感を備えたカメラを求めるようになった。価格は三万〜六万。相場はピンから切りまである。カメラは常に機能が新しくなるので、買い換える人も多いだろう。そう、買取に出すのだ。買い取り価格の相場は本体価格のだいたい30パーセントほど。それでも状態のいいものはそこそこの値段になる。だれでも気軽に始められるのが一眼レフカメラであり、人々はその魅力にひきつけられるのだ。


【一眼レフ買取り体験談8(口コミ)】一眼レフの買取相場って?

一眼レフといえば、高価なカメラの割に安く買い取られてしまうというイメージが大きいですよね。私も電気屋やカメラ屋で、その価格の大きさと自分の買取金額の落差にため息ばかりついていました。しかし、今はインターネットが発達していて、相場情報がかなり正確にわかるようになってきています。しかも電気街と呼ばれるような場所では街角の電気屋で買い取ってくれたりすることもあるのです。しかも、高価格で。どうすれば高く買い取ってもらえるのか。自分が今まで手塩にかけて大事にしてきたカメラです。高く買ってもらいたい。だから、ちょっと努力をしなきゃならない。ネットで情報収集をして、高い時期だなと思ったら売る。オークションサイトだったら、下手をすれば相場を超えた値段で落札ということもあります。ネット社会の発達をうまく利用して、自分の大事な一眼レフを出来るだけ高く買取ってもらいましょう!


【一眼レフ買取り体験談9(口コミ)】一眼レフの買取価格相場

独身時代に一眼レフにはまっていました。周りに詳しい知り合いもいなかった為に、ほとんど独学でカメラ雑誌などを参考にしていました。新品の一眼レフは、到底買えることが出来なくて、中野や新宿で中古のカメラを取り扱う店を何店舗も周り、気に入ったカメラを見つけて購入することが出来ました。その後、カメラが流行りだして周りにもカメラを始めたメンバーがいたので、仲間で写真を撮りに遠方まで出掛けたりもしました。世の中は、デジカメが流行りだし、一眼もまた然りで、プロの方もデジカメを使う方も増えてきました。フィルムの仕上がりは、大好きですが、やはり焼いてみないと分からないというコスト面から、一眼を手放すことにしましたが、買取価格の相場が分かりずらいので、言い値で買っていただくことしかできませんでした。


【一眼レフ買取り体験談10(口コミ)】大切だったカメラを相場より高く買取りしてもらうコツ

最近ではデジタル一眼レフカメラでも比較的手の届きやすい価格で手に入れる事が出来るようになってきました。しかしカメラはモデルチェンジが早く、また様々な機能が追加されるのでついついカメラ好きとしては新しいモデルが欲しくなってしまいます。私もそんなカメラ好きの一人です。しかしカメラコレクターではないので古くなったカメラはなるべく高く売れるうちに買取してもらっています。他の家電にも言えますが多少古くても相場より高く買取ってもらうコツがあります。コツその1購入した時の外箱や説明書、メモリーカードなどの付属品は全て取っておくことコツその2レンズやモニターに傷がついては新しくても査定額は低くなります。本体を購入する時に合わせて保護フィルムなどを購入して貼っておく事これで大きな傷などが無い限り多少古くても相場より高く買取ってもらえる事が多いです。


【買取金額30%UP】期間限定!

買い取り30%